富士通、2850人リストラ…「終身雇用終了」宣言で上場企業の人員削減に拍車

ジャパン 富士通

成長領域のITサービスなどを強化し、間接部門の効率化を目指す「成長に向けたリソースシフト」の一環として実施しました。 拡大するデジタル市場における富士通のプレゼンスを高めることを目指しており、富士通が掲げるパーパスの実現に向けて、グループ一体となって取り組んでいく」との点を強調。

新会社「富士通Japan株式会社」発足 : 富士通

ジャパン 富士通

日本は少子高齢化や人口減少、自然災害の脅威、地域格差など、多種多様な社会的、構造的課題を抱えており、官民学医の横断的な対応が求められています。

17

富士通の組織再編、背景にアクセンチュアへの脅威?

ジャパン 富士通

背景には、薬価引き下げや新薬の開発費用上昇といった要素があるでしょう。

20

国内ビジネスのさらなる拡大に向けて、新会社を発足 : 富士通

ジャパン 富士通

ジャパン・グローバルゲートウェイを通じて、ソリューションごとのサービス体制を敷くことができ、持続的に生産性向上、品質向上につなげられる」などと述べた。 現在では、SE会社が、富士通本体あるいは富士通Japanのソリューションビジネスと同じ仕事をしているという状況となっている」と前置き。

12

富士通セミコンダクター

ジャパン 富士通

また、2017年にはSE会社である富士通システムズ・イーストと、富士通システムズ・ウエスト、富士通ミッションクリティカルシステムズを富士通に吸収。 しかも、アクセンチュア日本法人は大手企業から官公庁・自治体などへと市場開拓を広げて、年平均2000人程度を採用し、従業員数は約1万4000人にもなる。

13

新会社「富士通Japan株式会社」発足 : 富士通

ジャパン 富士通

旧富士通三重工場(富士通セミコンダクター三重工場)において2005年に稼働開始した、当時世界最先端となる45nmのfabを継承。 だが、それぞれの強みに注力した結果、富士通全体での強みが分散。 また、年齢条件付きの募集では「45歳から」とする企業が最多の10社を数え、今後はさらに引き下げられる可能性が高い。

1