【タイム結果】2020スーパーGT第8戦富士 ウォームアップ(オートスポーツweb)

スポーツ web オート

長島哲太(Red Bull KTM Ajo)は10番手となっている。 039Q21664ボ・ベンスナイダーNTS RW Racing GPNTS1'43. ま、そうだよね……)。 F1のレギュレーションでは、チームは2022年型マシンに関する風洞作業を2021年1月1日になるまで開始できない。

3

3Dプリンターをフル活用した低速EV車『YOYO』デザインは自由自在、可能性は無限大!/オートスポーツweb的、世界の自動車

スポーツ web オート

クルマ好き、レース好きが多いのは言わずもがなだが、彼らはどんなクルマを購入するのか、興味のあるかたも多いと思う。 card-book-category:last-child. 慣れるともう、コレじゃなきゃ嫌になります このあたりの角度から眺めるのもなかなか好き。

アロンソはF1復帰に向け非常に意欲的とルノー首脳「元日から作業をしようと招集をかけている」(オートスポーツweb)

スポーツ web オート

3852618TEAM UPGARAGEUPGARAGE NSX GT3小林崇志/松浦孝亮YH0kg1'39. 721Q2433エネア・バスティアニーニItaltrans Racing Teamカレックス1'42. global-header--mobile-nav-inner. 077Q21816ジョー・ロバーツTennor American Racingカレックス1'43. 1722850Arnage RacingARNAGE AMG GT3加納政樹/安岡秀徒YH0kg1'40. ここに来て手伝うよ』とね」 「今のフェルナンドは、それほどまでに意欲的だ」 アロンソはすでに2021年に向けてテストを重ねている。 最初に乗ってポジションをとったときの感想は「なにこれ、ロードスターと同じじゃん!」 もちろんロードスターとCX-3では車高が全然違うので、シートを基準にした場合の足(脚ではなく)の高さはまったく異なります。 マリオはスティーブ・マックイーンとピーター・レブソンがドライブするトップのポルシェを猛追した。

16

auto sport(オートスポーツ)

スポーツ web オート

RiderTeamMotorcycleTimesession187レミー・ガードナーOnexox TKKR SAG Teamカレックス1'42. 最近のマツダがなにを重視しているか、この瞬間に身体が理解してしまいました。

18

スーパーフォーミュラ第4戦オートポリスのエントリー発表。宮田、中山が参戦。20台がそろう(オートスポーツweb)

スポーツ web オート

まぁそれは言い過ぎな部分があるとしても、少なくとも国内出張でよく乗る「一般的に普及している国産コンパクトカー」と比べたときの、ステアリングを握っている「気分」は別格。 993Q21140エクトル・ガルソFlexbox HP 40カレックス1'43. 137Q12627アンディ・ファリド・イズディハールIDEMITSU Honda Team Asiaカレックス1'44. 561Q12019ロレンツォ・ダラ・ポルタItaltrans Racing Teamカレックス1'43. 6131324KONDO RACINGリアライズコーポレーション ADVAN GT-R高星明誠/J. 一貴はWEC世界耐久選手権の2019/2020年シーズン最終戦バーレーンに参戦するためで、同様にcarrozzeria Team KCMGは小林可夢偉に代わり、中山雄一がエントリーしている。 以来、などの、、など国内外の様々なカテゴリーのモータースポーツの情報を掲載しているが、基本的にはとF1の記事が中心であり SUPER GTに全誌面の半分が割かれることすらある 、他はレースレビュー以外の話題が取り上げられることは少なく 取り上げられたとしてもレース結果を伝える1~2ページ程度の記事に過ぎない 、SGTと並ぶ日本の最高峰であるさえ全く取り上げられない号もあり、これをはじめとしたカテゴリのファンからの批判も存在する。

16

autosport web shop / TOPページ

スポーツ web オート

722Q2522サム・ロウズEG 0,0 Marc VDSカレックス1'42. 4度のインディカータイトルを獲得し、インディ500、デイトナ500、そしてF1世界選手権をも制しているマリオは、セブリング12時間レースでも3度の優勝(1967年、1970年、1972年)を記録している。 11月14日に行なわれるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の第68回セブリング12時間レースにおいて、アメリカン・モータースポーツ・レジェンドであるマリオ・アンドレッティがグランドマーシャルを務めることになった。 劇的なラスト1時間、マリオは信じられないような夜のスティントを成功させ、22秒のマージンで勝利を得た。

14