タイトリスト「T200」アイアン

アイアン タイトリスト

それぞれのモデルに特性がありますので、自分の求める性能とそのモデルの特性が合っているのであれば、使い手の期待にしっかり応えてくれると思います。 今使っているアイアンと同じかちょっと飛ぶかなといった印象でした。 飛距離について、世に言う飛び系アイアンとは一線を画し、本器は驚くほど飛ぶ印象はありません。

7

T200

アイアン タイトリスト

ここまで飛んで曲がらないと、操作性はどうしても希薄になりますが、そういった方にはT100やT100Sが用意されていますから問題にはならないでしょう。 操作性もT100との差はほとんど感じません。 弾道はこんな感じで そのスカイトラックデータはこちら。

10

タイトリスト

アイアン タイトリスト

また、シャフトについても機種ごとに最適な重さ、バランスのタイトリストが選んだシャフトを標準装備。 この手のアイアンは、ダウンブローに打ち込んでの抜けの良さを確保する必要があるでしょうから、当然ソール幅は狭くなりますよね。 ここ数年かなり扱いやすいアイアンも出しているタイトリストですが、昔のバリバリアスリートモデルや今回新作で出した「620MB」「620CB」のイメージがいまだに残っているおっさんにとっては、「タイトリストでこれだけ扱いやすいアイアンを出すとは! しかし、アイアンでも飛距離の欲しいゴルファーのためにストロングロフトのT400などもありますので、自分が求める距離が飛ばせるロフト角のアイアンを選びましょう。

14

タイトリスト T200 アイアンの試打レビュー 口コミ・評判 ギアスペック|ギアカタログ|GDO ゴルフギア情報

アイアン タイトリスト

しっかりとヘッドをコントロールできる人にとっては、操作性のよさを感じ取れる顔だと思います。

9

飛んで曲がらず振り抜きやすい! タイトリスト「T400」アイアン試打

アイアン タイトリスト

芯を外したときの情報のフィードバックもしっかりあります。

20

タイトリストT100SとT400はどんなアイアン? 打ってたしかめた!

アイアン タイトリスト

見た目からは「T200」と同じコンセプトで、より飛距離にこだわったモデルのような印象を受けました。 つかまり性能は、ニュートラルから少しだけつかまるといった具合。 プロが使っていてカッコイイMB、僕にも使えますか?(HC18・HS40) A. (笑) たぶん一瞬見ただけでは見分けがつかないくらい似ています。

11