įŦ‘い上戸

上戸 įŦ‘い

一įˇ’ãĢいãĻæĨŊしそうãĢしãĻくれるåĨŗ性ãĢは、į”ˇæ€§ã‚‚ã‚ˆã„å°čąĄã‚’æŒãĄãžã™ã€‚ あãĒãŸãŽčĄŒå‹•ã¯ã‚ãĒãŸãŽäžĄå€¤čĻŗがæąēめãĻいる。

1

【į”ˇåĨŗåˆĨ】įŦ‘い上戸ぎäēēぎį‰šåž´ã¨åŋƒį†10選īŧįŦ‘い上戸はãƒĸテるīŧŸãĒã‚‹æ–šæŗ•ã‚‚

上戸 įŦ‘い

į†æ€§ã§ãŠã†ã—ãĻも抑えられãĒい時がありぞすãƒģãƒģãƒģįŦ‘い上戸 įŽ¸ãŒčģĸんでもおかしい嚴頃ãĒらいざįŸĨらず、īŧ•īŧäģŖ垌半ãĢもãĒãŖãĻãƒģãƒģãƒģ äģŠæ—Ĩ、é›ģčŠąãŽį›¸æ‰‹ãĢč‡Ē分ぎäŊæ‰€ã¨ã‹åå‰ã‚’č¨€ã‚ãĒいといけãĒい時、į›¸æ‰‹ãŒį§ãŽåå‰ã‚’äŊ•åēĻã‚‚čžããŽã§ã€Œã¯ãã€ãžãŸã‹ãƒģãƒģčĻĒが変ãĒ名前をäģ˜ã‘たばãŖかりãĢãƒģãƒģãƒģã“ã†č¨€ã†äē‹ãŖãĻ äŊ•åēĻもあãŖたよãĒぁ」ãĒんãĻ思いãĒがらãĒぜかįŦ‘いがæ­ĸぞらãĒくãĒりぞした。 そぎため、äŊ•ãĢ寞しãĻもį–‘ãŖãĻかかるというį™–がつき、äŊ•ã§ã‚‚å†ˇã‚ãŸį›Žã§čĻ‹ã‚‹ã‚ˆã†ãĢãĒãŖãĻ、æŦĄįŦŦãĢįŦ‘いが減ãŖãĻいきぞす。

3

įŦ‘い上戸ãĒäēēぎį‰šåž´īŧ”個

上戸 įŦ‘い

ではæŦĄįĢ ã‹ã‚‰ã€įŦ‘い上戸ぎäēēãĢついãĻãŋãĻいきぞしょう。

11

įŦ‘い上戸ãĒ性æ ŧぎäēēãŖãĻおんãĒäēēīŧŸį‰šåž´ã¨ãƒã‚¤ãƒŗト äģ˜ãåˆã„斚ぎč§ŖčĒŦ

上戸 įŦ‘い

お酒ぎäģ˜ãåˆã„æ–šã‚’įŸĨらãĒいäēēは、éŖ˛ãŋすぎãĻæ‚Ē酔いしたり、からãŋ酒をしãĻしぞうことがåĸ—えãĻしぞいぞす。

8

「įŦ‘い上戸」とはīŧŸæ„å‘ŗãƒģčĒ­ãŋæ–šãƒģ類čĒžã€äŊŋい斚や䞋文】

上戸 įŦ‘い

įŦ‘ãŖたį’°åĸƒä¸‹ã§äŊ•ã‹å–ã‚Šįĩ„めることが原は一į•Ēぎ劚įŽ‡ãŽč‰¯ã„æ–šæŗ•ãĒぎです。 テãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗがéĢ˜ããĒãŖãĻきたら、席を外しãĻæ°—æŒãĄã‚’čŊãĄį€ã‹ã›ã‚‹ã€‚ 1äēēでį„Ąį†ã—ãĻč§ŖæąēするぎではãĒく、周りãĢも劊けãĻもらうぎが大切です。

18

įŦ‘い上戸ぎį”ˇæ€§åŋƒį†12選īŊœįŦ‘い上戸ぎį”ˇæ€§ãŽį‰šåž´ãƒģčĻ‹ãŸåĨŗ性åŋƒį†ã‚‚

上戸 įŦ‘い

ã—ã‹ã—ã€ã‚ˆãã‚ˆãč€ƒãˆãĻください。 ãĒぜかというと、įŦ‘ãŖãĻいる回数が多いぎで、č‡Ēį„ļã¨éĄ”ãŒãƒžãƒƒã‚ĩãƒŧジされãĻいるぎで、柔らかくãĒãŖãĻいるぎです。

4

įŦ‘い上戸ãĒäēēぎ10個ぎį‰šåž´ã¨åŋƒį†īŧįŦ‘い上戸がãƒĸテるį†į”ąãŖãĻīŧŸ

上戸 įŦ‘い

å°åˇīŧšâ€Ļâ€Ļ。 æ—ĨæœŦčĒžã§ã¯įŦ‘ã„ä¸Šæˆ¸ã¨ã„ã†č¨€č‘‰1つで、お酒ぎį™–と晎æŽĩぎį™–ãŽä¸Ąæ–šã‚’čĄ¨įžã™ã‚‹ã“ã¨ãŒã§ããžã™ãŒã€č‹ąčĒžãŽå ´åˆãĢã¯ãã‚Œãžã‚ŒčĄ¨įžãŽäģ•æ–šãŒį•°ãĒることãĢį‰šåž´ãŒã‚りぞす。 内向įš„で、ややäēēčĻ‹įŸĨりãĒäēēが、お酒をéŖ˛ã‚€ã¨ã‚ˆãįŦ‘う場がありぞす。

2