先見の明とは

明 先見 の

「今」自分がどういう状況で、「過去」はどうだったのかを含めて、「未来」を予想してみましょう。

8

先見の明とは

明 先見 の

ここで出てきた金日磾とは、紀元前134年~紀元前86年ごろの政治家です。 明の実力は初科も再科も首席レベルだ。 」 「彼女は先見の明に優れている。

12

【先見の明】の意味と使い方の例文(慣用句)

明 先見 の

P252 8. 〈〉しかし過渡的手段としては有効です。 また、人とのコミュニケーションを持つ点でもポジティブでいることは大事ですよね! ポジティブな生き方に憧れる人は多いでしょう。 トラッキングを飼い慣らし、市民のために生産的に使う方法を見つける人は成功する。

「先見の明」と「先見の目」の意味とは?使い方や英語表現について解説

明 先見 の

この本ではリアルにこの先を予測した世界が描かれている。 将来のことを見通す知恵。 先見の明がある人には共通点がある 先見性のある人にはいくつかの共通点があります。

2

先見の明の正しい意味!語源に隠された悲しい物語とは…

明 先見 の

先見の明を持つためには、何事も計画的に行わなければならない 先見の明の類語とは 「先見の明」と同じような意味のある類語は次のようなものがあります。 先見の妙の「妙」は「不可思議なほど優れているさま、きわめて美しい」などの意味があり美しい言葉ですが間違いです。 また、将来何が起きるか見抜くだけではなく、その出来事に対して対応する能力という意味でも使われています。

10

「先見の明」の意味とは?使い方と類語を紹介!(例文つき)

明 先見 の

ただ、漢字を見て考えると、分かりやすいですよね。 上記の例文は、「先を見通して適した判断を下せるから、Aさんは株で大成功した」という意味を持ちます。 「先見の明」という言葉はあっても、「先見の目」という言葉は存在しません。

先見の明とは|意味と読み方・使い方、英語表現や類語についても解説

明 先見 の

先を見通す力のある人は、行き当たりばったりな行動は絶対にしません。 この言葉は「ものごとの起こる前にそのことを推測する能力」という意味です。 アクセスは所有にとって変わっていく。

2

【先見の明】の意味と使い方の例文(慣用句)

明 先見 の

日頃からニュースや新聞に目を通す機会が多く、世の中の動きに敏感な人は、最近の傾向なども頭に知識としては言っているため、先見の明があるのです。 先見性の例文としては「A社は、業界内でもいち早く設備投資するなど先見性がある」というような使い方をします。 非常に冷静な分析が必要となりますよね。

10